プロパティとマウス操作を覚える。

5/5 (1)

プロパティでチャートの設定をする。

2016-04-09_12h42_57

チャート画面上で、「右クリック」します。

表示されたウィンドウのメニューの最下段にある「プロパティ」をクリックします。

2016-04-09_12h46_42

プロパティの「全般」を表示させます。

2016-04-09_12h51_59

1.オフライン・チャート

2.チャートを前面に表示

インジケータなどを多く表示させた場合に、インジケータの下にチャートが表示されてしまうとチャートのバー全体、あるいは一部が隠れてしまいます。

それを防ぐために、「チャートを前面に表示」させます。

また、逆に、インジケータの動きを注視したい場合には、「チャートを前面に表示」のチャックを外します。

3.チャートの右端移動

2016-04-09_14h30_28

4.チャートの自動スクロール

チャートを常に、最新の値動きの表示に固定します。

5.スケールを1対1に固定

2016-04-09_14h00_37

横軸のローソク足とローソク足の間の間隔「1」に対して「1pips」になるように設定されます。

➡ ギャン理論で、トレードする時に利用します。

6.スケールの固定

2016-04-09_13h56_04

一定の値幅で、チャートを見たいときに利用します。

7.バーチャート

2016-04-09_14h42_05

8.ローソク足

2016-04-09_14h41_29

9.ラインチャート

2016-04-09_14h42_34

10.4本値表示

11.Askのラインを表示

2016-04-11_13h25_27

Askラインを表示すると、スプレッドが広がった時に、瞬時に分かるメリットがある。

12.期間区切り表示

2016-04-09_14h01_57

各時間軸の区切り線の設定は、以下のようになっています。

・1時間足 ⇒ 1日間隔の区切り

・4時間足 ⇒ 1週間間隔の区切り

・日足 ⇒ 1ヶ月間隔の区切り

・月足 ⇒ 1年間隔の区切り

13.グリッドの表示

2016-04-09_14h24_46

14.出来高の表示

2016-04-09_14h26_13

15.ライン等の説明を表示

2016-04-09_14h28_38

チャート上でできるマウス操作

これが、基本チャートです。(以下の操作した画像と比較するために掲載しています。)

2016-04-09_13h44_40

1.縦軸をドラッグして「上下幅」の調整をする。

2016-04-09_13h46_30

2.横軸をドラッグして「左右の幅」の調整をする。

2016-04-09_13h48_29

3.チャート内をドラッグして過去のチャートを見る。

2016-04-09_13h50_38

チャート画面の拡大と縮小

2016-04-09_13h35_53

ツールバーにあるチャートの「拡大」アイコンと「縮小」アイコンをクリックすれば、チャートの大きさを変更できます。

拡大したチャート

2016-04-09_13h39_00

縮小したチャート

2016-04-09_13h41_25

Please rate this

トップへ戻る