メタトレーダー4の画面構成

5/5 (1)

メタトレーダー4のインストール直後の基本画面

メタトレーダー4の画面構成。

1.チャートウィンドウ

2.気配値表示ウィンドウ

3.ナビゲータウィンドウ

4.ターミナルウィンドウ

この4つに分類されます。

2016-04-04_17h51_32

(画像は、起動時初期の画面構成)

では、早速、各個別ウィンドウの説明に移ります。

1.チャートウィンドウ

2016-04-05_23h16_31

各通貨ペアのチャートを表示。

「メインチャート」とも呼ばれる、メタトレーダー4では、トレードの中心となる画面です。

チャートウィンドウは、更に、分割表示できます。

2016-04-05_23h19_32

1.メインウィンドウ

2.サブウィンドウ

2.気配値表示ウィンドウ

2016-04-05_23h21_50

トレード可能な通貨ペアを表示。

各通貨のレートがAskとBidの値で、表示されている。

「ティックチャート」をダブルクリックすると、その通貨ペアのティックチャートが表示されます。

ティックチャートは、その通貨ペアの詳細な動きを見たいときに利用します。

2016-04-05_23h24_46

3.ナビゲータウィンドウ

2016-04-05_23h26_37

口座情報の表示。

登録されているインジケータやEAの表示が、されています。

4.ターミナルウィンドウ

2016-04-05_23h28_10

1.取引の履歴

2.口座の情報

3.ニュース

4.メール

5.アラーム

6.操作履歴

etc、などの各種、情報の確認ができる。

(基本的には、英語表記です。)

5.ツールバー

2016-04-05_23h29_41

メニューバーに登録されている機能を選択し、TOPバーに表示させることができます。

よく使う機能をアイコン化して、表示されています。

ワンクリックで、利用可能です。

6.ステータス

2016-04-05_23h31_45

1.MT4の通信情報を確認することができます。

ここの表示が「通信速度」の数字が表示されている場合は、データが送信されてきています。

表示されている数字が、「回線不通」の表示に変わっていると、データは、送信されてきていません。

2.アクティブチャート上にカーソルを合わせたバーやキャンドル、ラインなどの価格情報を確認することができます。

3.「Default」の表示から、オリジナル設定したテンプレート保存・呼び出しが出来ます。

まとめ!

メタトレーダー4の初期画面構成の各名称と機能をご紹介しました。

これから、メタトレーダー4を使いこなしていく上で、何回も呼称される部分ですので、きっちりと覚えましょう。

また、インストール完了して、設定が終わった時に、以下のような画像が表示された場合には、「OK」をクリックしてください。

そうすれば、通常の起動時と同じ状態となります。

2016-04-04_17h48_48

Please rate this

35 views

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

人気ブログランキングに、参加しています。FX部門1位獲得なら、シェンロンFXをタイアッププレゼントします。➡
トップへ戻る