ラインを引くことは、トレーダーとして『仕事』なんです。

5/5 (2)

上がる可能性の低いパターンの時は、逃げるが、1番なんです。

ドラストFXで、サインが出ました。

しかし、・・・

2016-05-17_11h50_47

上がれません!!!

理由は、簡単です。

白のラインを引けば分かります。

必然と、頭を押さえられやすい場所です。

仮に、ドラゴン・ストラテジーFXのサイン通り、エントリーをしたとしても

「上がらない」 ⇒ 「逃げなきゃ!」

これを想定してエントリーするところです。

先の高値を超えることができなかった時点で、『戻り高値」形成場面が確定するところです。

このことは、殆どのトレーダーが知っていることです。

しかし、・・・

トレードをしたこともないような人が、ドラゴン・ストラテジーFXの評価をすると、・・・

「ドラゴン・ストラテジーFXは、勝てない!!!」と言います。

じゃあ~

なくって、あなたが、勝てないトレーダーなんですよ~

と、言ってしまいます。 ( *´艸`)

その都度、ラインを引くことは、トレーダーの仕事です。

この仕事は、慣れてくると、実際に引かなくても、頭の中で引くようになります。

長期のラインは別として、1枚のチャート画面に収まったような周期幅なら、目線で引きます。

このラインを引くと言う作業は、トレーダーの「仕事」です。

初心者のトレーダーさんは、この「仕事」をしません。

なぜなら、ラインの引き方が、分からないから・・・

では、今日から、少しずつ、トレンドラインの引き方を覚えて行きましょう。

少しでもいいから、1日、1パターンでもいいので、「機能しているライン」を引けるようになりましょう。

現在、開発中のMetatrader5 シェンロンFXで、見てみます。

2016-05-17_12h28_31

白の点線がFX-Bandsのミドルラインです。

このラインに絡んで、の白色のトレンドラインを形成しています。

こののラインを割り込んでくれば、更に、下落が始まりそうであることが予測できます。

【レビュー・検証】オリジナルのインジケータを搭載して、最強の『ドラストFX』を極める。

バークシャー・ハサウェイがアップル株に約11億ドル(約1200億円)を投資

2016-05-17_12h36_21

今回の動きは、増収の起爆剤となる新製品を開発するアップルの能力にバークシャーが信頼を置いていることを示唆している。新製品は年内発売予定の「iPhone(アイフォーン)7」に搭載される可能性があるほか、自動運転や仮想現実(VR)ハードウエアなどの分野でも期待されている。

この投資は、非常にいい判断だったと思います。
多分ですが、・・・
アップルは、次なる「材料」を持っている可能性があるからです。

タケルの個人的な意見・推測ですが、「自動運転関連」ではないかと思います。

Googleの動向から考えても、この推測は、大きくは外れていないでしょう。

方向転換をする時が難しいのです。

自動運転において、何を一番、難しい動作だとするのかと言うと、「方向転換」の時なんです。

直進や、後退のみの場合は、データ量もそれなりの量で慣行できます。

「方向転換」となると、前進・後進、斜めサイド(四方すべて)の情報を、一機に処理しなければいけません。

自動運転の実験が、まずは、高速道路から始まっていることを考えていただければ、分かりやすいのではないかと思います。

自動運転と同じで、トレードも「反転」を理解することが難しいのです。

初心者トレーダーさんが、勝てなくて、負けていくのは、

この「方向転換」をする時に、間違えて、ぶつけちゃうんです。

そして、車が、ボコボコになるように、自分のメンタルがボコボコになって、市場から撤退させられてしまうのです。

「免許の更新」をしない状況になります。

まずは、「方向転換の時が難しい」と言うことを覚えてください。

そして、

「方向転換」の処理のプログラムを、自身の中に組み上げてください。

簡単です。

「トレンドライン」を引くことさえ覚えればいいんです。

トレンドラインを引くことは、トレーダーの「仕事」です。

Please rate this

トップへ戻る