Metatrader5 Pivots の使い方について。【Shenlong FX】

5/5 (3)

Pivotsの使い方を考える。

こんにちは!

ヤマトです。

今日から、神龍(Shenlong)FXシステム開発についてのお話を、少しずつ書いていこうと思います。

では、まず、最初に、神龍FXの中心的な考え方である、「Pivot」について、です。

あなたは、「Pivot」を利用するとき、どのように考えてセットされていますか?

2016-04-29_13h41_47

設定時刻を「+9」にしている人が多いように思います。

グリニッジ標準時間 (GMT)から、9時間の誤差を考慮して、「+9」を選択するトレーダーさんが、ほとんどでしょう。

しかし、ここでは、その考え方を使いません。なぜなら、Pivotsを世界で同時にどの国のトレーダーも使っているのに、どうして、自分たちの国の時間に合わせるのか?

という疑問があります。

世界中のトレーダーが、同時にトレードをしているのですから、基準が、日本時間の「+9」に合わせるという概念もおかしいですよね!

そこで、どう考えるのかと言うと、「機能している」ということを前提に考えます。

ここで、機能しているとは、どういうことを言うのか?

機能している=上下を分けている

つまりですね。レジ&サポ機能を優先させることにします。

どの時間設定にすれば、

Pivotsが、レジ&サポ機能を保持しているのか?

これをPivotsの最大目的とします。

Pivotsは、24時間の設定値の中で、最良の時間を選択せよ!

1日、24時間の設定値の中で、1番、レジ&サポ機能を持っている時間を選択します。

以下の画像は、Pivotsを1時~24時までに個別設定をした「Pivot-24」です。

2016-04-29_19h08_41

この設定の中で、直近、1番、上下を分けている時間軸を抽出します。

現在の設定値なら、「15」

2016-04-29_20h45_30

急落の後なので、それ程、完璧に合っているとは、言い難いですが、・・・

普段は、もう少し、上下のレジ&サポが機能しています。

まあ~

この設定のお話は、これから、何度も、出てきますので、・・・

取りあえず、今日は、この設定値で。

現在は、『L3』でサポートされた形となっています。

反発するとなれば、目標は、『M2」とします。

もし、仮に、『L3』を割ってくれば、『S1』を目指します。

このように、各階層に分けて、トレード戦略を立てます。

これは、僕のオリジナルの手法です。

なので、僕が言っていること、お話ししていることが、「???」の方は、こちらで、もっと、良いものを、探してください。 笑^^;

FXの手法なんてどうでもいいんです。ルールを守ることが、大事なんです。

Pivotsを、上下を分けるレジ&サポラインとして捉えて、時間軸を設定する。

こんなやり方、邪道だと言われるかも知れません。

でも、これは、僕の考え方で、僕が、勝っている手法なので、それで、良いと思っています。

逆に、僕が、他人の、「これが、正しいやり方だよ!」って、言われて、その手法をやっても、結局、勝てなければ、損をするのは、僕、自身です。

誰も、損失を補てんなんかしてくれません。 涙;;

だったら、手法なんてどうでもいいと思いませんか?

「Pivot」の見方を間違えているよ! って、言われても、そんなのどうでもいいことだと思います。

「勝てること!!!」

これが、勝負の世界では、1番、大切なこと。

と、ブログを書いているうちに、サーバー上の「15時」がやってきました。

Pivotの各表示ラインが、変更になりました。

2016-04-29_21h08_30

神龍(Shenlong)FXでは、このPivotをレジ&サポ機能として考えることを、「基本の基」として、設計、開発を進めてまいります。

利用するプラットフォームは、ドラゴン・ストラテジーFX+プラスが、Metatrader4でしたので、今回は、将来を見据えて、Metatrader5で、行こうと思っています。

これから、このブログでは、何度も、何度も、このPivotの考え方を書きます。なので、この考え方に合わない方は、

他のブログで、学んでください。

AAaCvXM

PS

2016-04-30_00h08_04

はい!

きっちりと、止まりました。

僕が、言っているのは、これだけです。

笑^^;

Please rate this

78 views

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

人気ブログランキングに、参加しています。FX部門1位獲得なら、シェンロンFXをタイアッププレゼントします。➡
トップへ戻る