Shenlong-FX FX-Bands.mq5

5/5 (2)

これが、シェンロンFXのインジケータ『FX-Bands.mq5』だ!

現在、開発中のシェンロン(Shenlong)FX

1つのインジケータが完成しました。

『FX-Bands.mq5』です。

2016-05-14_12h15_27

このチャートはUSD/JPYの15分足にFX-Bands.mq5を設定したものです。

FX-Bands.mq5機能説明。

 15分足設定のミドルラインを示します。

このミドルラインは、中心線と「」・「」・「」から作られています。

」は、キャンドルが、上昇している時に示されます。

」は、キャンドルが、下降している時に示されます。

」は、キャンドルが中立の場合に示されます。

➡ また、この位置は、一旦止まるところを示します。

2016-05-14_13h21_27

これが、15分足のミドルラインのペリオッド設定値です。

2016-05-14_13h22_29

15分足ミドルラインの配色設定です。

 のミドルラインの設定値の4倍のペリオッドの設定にしています。

これは、15分足の4倍なので、1時間の設定となります。

つまり、は、1時間足のミドルラインを表示していることになります。

キャンドルが、この1時間足のミドルラインを超えている時は、「長期の上昇波動」にあると言えます。

は、1時間足のFX-Bands.mq5の1シグマのラインです。

キャンドルが、1シグマラインの上に位置する場には、「短期の上昇波動」にあると言えます。

は、1時間足のFX-Bands.mq5の2シグマのラインです。

2016-05-14_13h11_54

は、1時間足のFX-Bands.mq5のー1シグマのラインです。

は、1時間足のFX-Bands.mq5のー2シグマのラインです。

2016-05-14_13h17_57

これが、15分足に設定した1時間用FX-Bands.mq5のペリオッドの設定です。

2016-05-14_13h19_39

15分足に設定した1時間用FX-Bands.mq5の各ラインの配色設定です。

2016-05-14_13h24_54

こちらが、FX-Bands.mq5をUSD/JPYの5分足に設定したものです。

2016-05-14_13h28_33

こちらが、FX-Bands.mq5をUSD/JPYの1分足に設定したものです。

ある程度、トレードを経験されて、インジケータを見る目をお持ちの方なら、ご理解をしていただけると思いますが、

各ラインが、非常に有効作用しています。

そして、15分足 ⇒ 5分足 ⇒ 1分足 と並べます。

2016-05-14_13h34_37

これで、Shenlong-FXの『FX-Bands.mq5』の設定は、完了です。

FXトレードでは、大きな時間軸からチャートを見ていくことが鉄則です。

いつも、書いていることですが、FXをトレードする際には、必ず、『自分がトレード』をしようとしている時間軸よりも、大きな時間軸から見るようにしましょう。

大きな時間軸から見ないと、つまらない短期トレードを繰り返してしまうからです。

このことを、絶対に、頭の中に、「叩き込んで」トレードしてください。

Please rate this

108 views

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

人気ブログランキングに、参加しています。FX部門1位獲得なら、シェンロンFXをタイアッププレゼントします。➡
トップへ戻る